Let’s Encrypt SSL証明書で、wwwあり、なしに対応

http → httpsに統一
wwwあり → wwwなしに統一

とすることに決め

SSLの設定を以下のようにしていたのですが

これだと
https://www.example.com/
にアクセスすると、リダイレクト前にエラーが出て、

Chrome デベロッパー・ツールのコンソール上で以下のようなエラーがでていました。

「Redirecting navigation www.example.com -> example.com because the server presented a certificate valid for example.com but not for www.example.com. To disable such redirects launch Chrome with the following flag: –disable-features=SSLCommonNameMismatchHandling」

ブラウザ上では エラーが出てこなかったので気付きませんでした。

 

Let’s Encrypt SSL証明書は、1枚の証明書で複数ドメイン・サブドメインに対応できるとのことで、

以下のように作成し直すと、example.comとして作成していた元々の証明書が、www.example.comにも対応される形で再発行されます。

 

証明書ファイルのpathは変わらないため、example.comと同じ形で証明書を設定します。

エラーチェックをしたあと、reload処理。エラーも無事表示されなくなりました。
apachectl configtest
systemctl reload httpd



この記事をシェア