Tritonn(MySQL5.0+Senna) からMySQL5.7に変更する際のリストア方法

全文検索エンジンTritonn(MySQL5.0+Senna) から、MySQL5.7に変更したときのリストアの方法です。

全文検索使用時のスキーマの書式が異なるので、その部分のみ変更すれば、問題なくリストアできます。

■スキーマ書式の違い

◆Mecab利用時
USING MECAB, NORMALIZE, 512 (word)

(word) WITH PARSER mecab

◆Ngram利用時
USING NGRAM, NORMALIZE, 512 (word)

(word) WITH PARSER ngram

置き換えコマンド例:
ダンプしたSQL(example.sql)を リストア用(example_after.sql)に書き換え

sedの主なオプション
-i GNU特有のオプション 標準出力しないで、直接元ファイルを書き換え。
-e 変換処理のためのオプション
s 文字列置換を実行。最後にgをつけた場合、全ての合致する文字列を置換。
g 非対話的に全て置換。

 

■参考URL
http://y-ken.hatenablog.com/entry/how-to-migrate-tritonn-to-mysqlftppc
https://eng-entrance.com/linux-shellscript-replacement



この記事をシェア