wordpress投稿内容で禁止ワードを設定して、保存時にチェックしたい場合。

WordPressの投稿内容を保存する時に、
NGワードを設定して、チェックしたい時に利用できます。

▼functions.phpに以下を追記

※プラグインTinyMCE Advancedを使っている場合の例です。
($(“iframe#content_ifr”).contents().find(‘body’).text()で その時点の投稿内容を取得してます。この部分は必要に応じて変更)

※NGワード設定部分に、禁止ワードを記述(array形式)

admin_head-post-new.php
admin_head-post.php
のhookを使用。

参考URL

WordPressで投稿時にバリデーションを行う方法
https://41y.me/validate-post/

WordPress フック(hook)
http://wpcj.net/glossary/hook_suffix

 



この記事をシェア

コメントを残す

three × three =